ゴリラのほんだな

ウホウホ、ウホウホホ

ここはゴリラの書斎

【占星術殺人事件】本格ミステリの名作。これを超えるトリックは見たことない!

f:id:Kada:20180910202517j:plain

読書大好きゴリラ、Kadaさんだよ!

本格ミステリの名作として必ず名前が挙がるのが、占星術殺人事件です。

本格ミステリの草分けとなった一冊であり、現代でもそのトリックの巧みさ、ラストの秀逸さに驚きます。

 

あまりにトリックが巧みすぎて、『金田一少年の事件簿』で同じトリックが使用されたということも有名です。読んだことがない方がいれば、自信を持ってお勧めしたい一冊です。

 

 

占星術殺人事件 改訂完全版 (講談社文庫)
 

 

 

占星術殺人事件ってどんな本?

密室で殺された画家が遺した手記には、六人の処女の肉体から完璧な女=アゾートを創る計画が書かれていた。その後、彼の六人の娘たちが行方不明となり、一部を切り取られた惨殺遺体となって発見された。事件から四十数年、迷宮入りした猟奇殺人のトリックとは!?名探偵御手洗潔を生んだ衝撃作の完全版登場!

amazon 内容紹介より

  占星術殺人事件は1981年に世に出て、本格ミステリの草分けとして多くの人々に衝撃を与えました。『名探偵 御手洗潔シリーズ』の一作目であり、このシリーズはどれも一見不可能とも思える事件内容と、それを覆す鮮やかなトリックで読者を魅了しています。

 

作者は島田荘司さんです。占星術殺人事件は島田氏のデビュー作であり、今でもミステリの歴史に残る一作となっています。

この占星術殺人事件は、イギリスの有力紙『ガーディアン』で、「世界の密室ミステリーベスト10」の2位に選ばれました。

 

あらすじ

主人公の御手洗(みたらい)は、東京に住む占い師で、占いを行いながら客が持ち込んだ問題を解決する、探偵のような活動を行っていました。天才肌で優秀な頭脳を持つ御手洗ですが、躁鬱病の気があり、変人と称されています。

そんな御手洗には、石岡という友人がおり、石岡は御手洗の事務所によく遊びに行っていました。

そんな中、御手洗の事務所に一人の女性が現れ、過去に起きた難事件を解決してほしいという依頼が持ち込まれます。

 

 

40年前、日本で一大スキャンダルとなった「梅沢家・占星術殺人」。連続して3つの殺人事件が起こり、日本中を震撼させました。これまでに多くの人々が推理に挑みましたが、これまでに事件は解決できておらず、いまだに犯人は捕まっていません。

 

第一の事件は、芸術家である梅沢平吉が自身のアトリエで殺されました。部屋は密室で、周囲の人間には犯行が不可能だと思われました。

平吉のアトリエからは彼が書いた小説が発見されました。その小説には、彼が自分の6人の娘を死体にし、それぞれの部位を合体させることで完璧な人間「アゾート」を作成しようとしていることが書かれていました。

処女である自分の娘たちを殺し、バラバラにして、占星術によって強められた身体の一部を切り取り、それらをつなぎ合わせれば完璧な人間を作り出せるというのです。

 

続いて第二の事件が起こります。梅沢平吉の長女であり、すでに結婚して一人暮らしをしていた一枝(かずえ)が、鈍器で後頭部を強打されて殺されました。

第一の事件同様、周囲の人間には犯行が不可能だと思われました。この時、金品が無くなっていたこと、一枝の死体から精液が見つかったことから、金目当ての強盗によって行われた犯行だと思われました。

 

最後に、日本を震撼させた「アゾート殺人」。平吉の6人の娘たちが旅行に行ったきり行方不明になり、バラバラの死体となって日本中で発見されるという猟奇殺人が起きました。

娘たちは、梅沢の小説に書かれている通りに体の一部が切り取られており、死体の発見場所も小説の内容に準じていました。また、梅沢家の人間にも、娘たちの周囲の人間にも犯行は不可能であることから、すでに死んだはずの平吉による殺人事件ではないか!?と考えられました。

アゾート作成に使用されたと思われる体の一部は、現在まで見つかっていません。

 

梅沢平吉、長女の一枝は誰に殺されたのか?平吉亡き後に娘たちを殺したのは何の為なのか?そして、アゾートが作成されたとするとそれは今どこにあるのか?

誰もが解決できなかった事件に、御手洗と石岡のコンビが挑むー

 

という内容です。

 

 

最後の瞬間、華麗なトリックに魅了される

さて、こちらの占星術殺人事件ですが、発売後様々な人を魅了してきたのには理由があります。それはなんといっても誰にも思いつかない華麗なトリックにあります。

 

3つの事件はすべて不可解な内容であり、一見して誰にも犯行が不可能のように思えます。最後の瞬間、鮮やかにトリック解決されたとき、読者は強いカタルシスを感じることができます。

 

今でこそトリックが有名になりましたが、この小説が出た当時は非常に大きな衝撃をもたらしたことかと思います。

私もこの本を最初に読んだ中学生の時、思わず読了後に感嘆のため息を漏らしたことを覚えています。

 

 

読んだことのない人に自信をもってお勧めできる一冊

今読むと、展開は少し冗長気味であり、最後の推理にたどり着くまでに展開が遅いと感じる部分があります。初見のときは、最初に紹介される「梅沢平吉の手記 」が難解すぎて読むのをやめようかと思ってしまいました(´・ω・` )

 

しかし、それを補って余りある魅力があるミステリーです。

第一の事件、第二の事件が明かされたとき、その内容に驚き、思わずあっと声を上げました。しかし、最後の「アゾート殺人」の推理では、その猟奇性と合わさって更に読者を引き付けます。

 

ミステリ史に残る稀代の名作、自信をもってお勧めできます。

占星術殺人事件 改訂完全版 (講談社文庫)
 

 

 

そのほかにオススメの本や読んでみたい本は?

👇占星術殺人事件の次に読むのはこれ。こちらのトリックも素晴らしい。

改訂完全版 斜め屋敷の犯罪 (講談社文庫)
 

 

👇映画化もされた一冊。私はまだ読んでいないので読みたいです。

星籠の海(上) (講談社文庫)

星籠の海(上) (講談社文庫)