ゴリラのほんだな

ウホウホ、ウホウホホ

ここはゴリラの書斎

【勝ち続ける意志力】梅原大吾さんの勝負哲学~どうすればゲームがうまくなるの?

f:id:Kada:20180909165127j:plain

みなさまこんばんは。ゲームが大好きなゴリラのかださんです。

 

自分の好きなゲームで上達するために、「プロゲーマー」の配信を見に行くことが多いです。しかし、プレイのコツや動きを把握できても、彼らがメンタル面で気を付けていることまでは配信から把握できません。

 

上達のコツがないかと思い、日本初のプロゲーマー梅原大吾さんの本「勝ち続ける意志力」を読みました。

結論から言いますと、彼は本当にすごい人です。常人ではないできない量の努力を重ねていることが、本書から読み取れました。

 

 

 

 

勝ち続ける意志力ってどんな本?

世界一のプロ・ゲーマーに学ぶ勝負哲学!

ゲームファンから「神」と崇められ、「世界一長く賞金を稼いでいるプロ・ゲーマー」としてギネスブックに認定されている伝説のゲーマー・梅原大吾が、初めて熱い想いを語る。
「小学生からゲームが好きだった僕は、勉強も部活もしてこなかった。だからこそ、ゲームを通して自分を成長させるのだ」との強い意志のもと、17歳で強豪を破って世界大会優勝。その後、一度ゲームを辞めた時の挫折感、そして復活、再び世界一になり、プロ契約、ギネス認定に至るまでのウメハラの全貌がここに明かされる。
ウメハラは「たかがゲーム」という世間の冷たい視線に耐え、「どうすれば自分を向上させることができるのか」を常に考え抜いてきた。「楽な勝ち方ばかりしていてはやがて勝てなくなる」「変化なくして成長なし」「最もライバルが多いゲームをあえて選ぶ」など、彼がこれまで実践してきた、勝ち続けるための勝負哲学は、ゲームの世界のみならず、いまの社会を強く生き抜くための指針でもある。ウメハラ渾身の作である本書は、ゲームの攻略本ではなく、人生の攻略本である。

amazon 内容紹介より

 

ゲーマーならば誰もが知る伝説の格闘ゲーマー、梅原大吾さんの本です。彼がなぜゲームで世界一になれたのか、その軌跡とゲームに対する思いを綴った一冊です。

 

何故ゲームを始めたのかという生い立ちに始まり、世界一になる方法、勝負事で勝つ方法、勝つための努力の仕方、勝てるようになった過程で学んだこと、について書かれています。

 

この本に書かれた勝負哲学はゲームだけでなく、スポーツやビジネスにも応用が利くものです。

 

www.youtube.com

↑梅原さんというと、やっぱりこの動画ですね。

 

 

どうすればゲームがうまくなるのか ー目の前の階段を5段登ろう

さて、どうすればゲームがうまくなるのか?という疑問について、梅原さんはこのように書かれています。

「どうすればゲームが上達しますか?」  そんな質問をよくされる。毎日練習するしか道はない。とはいえ、真実はときに何のアドバイスにもならないことがある。だから僕は、まずは目の前のことに集中することを勧める。 とりあえず目の前の階段を5段登ってください」

 位置: 1,779より

 

インターネットが発達した現代では、自分よりも上手い人たちのプレイをいつでも見ることができます。そのため、目指す目標も高いものになりがちです。

 

そんなときこそ、「目の前の階段を5段登る」 つまり、自分自身の課題を一つずつクリアすることを勧めています。

上手い人たちのプレイを見て、いきなり高難易度の技を真似してみたり、小手先のテクニックを使用しても、強くなれることは稀です。まずは基本から身につけ、自分にできることを少しずつ増やしていく。誰しもがそうやって上達の階段を登ってきたことが分かります。

 

何かを身につけたいと思うのであれば、 丁寧 に、慎重に、基本を学ぶべきだ。下手なうちから独自の取り組み方をしたり、自由に伸び伸び練習したりすると、最終的に底の浅い仕上がりになってしまう。

位置: 1,203より

 

そして、だれよりもうまくなりたい、本気でその道を追求しようとするならば、常人を超えた努力が必要です。

 

生涯の対戦数は 20 万対戦を優に超えている。  基礎練習では、 30 分の1秒以内に入力しなければ無効になってしまうコマンドを、 99% ミスなしでできるレベルを維持する努力を続けてきた。

 位置: 1,931より

に、20万対戦!?!?!?Σ(・ω・ノ)ノ

ゲームといえど、これだけの試合数を重ねるには覚悟と努力が不可欠だと感じました。

 

 

人は何からでも学ぶことができる

ゲームという極めて特殊なジャンルで培ったものではあるけれど、そこに人が関わり、なおかつ競い合い、勝敗という形で明確な結果が出る以上、勝つための努力や思考法は、一般の生活や仕事にも応用がきくものであると思う。もちろん、そのすべてが普遍的であると断言はできないが、それでも、ここまでの生涯を通じて追求し続けたことで学び、実践して得た勝ち続ける力は、紛れもなく「本物」であったと自負できる。  

 位置: 71より

 

梅原さんがゲームに打ち込み始めた時代は、今のようにインターネットが発達しておらず、e-sportsという言葉もない、ゲームをすることが白い目でみられる時代だったと思います。

そんななか、プロ・ゲーマーの先駆者として自分の好きなことに打ち込み、世界一を手にした彼の生き方は非常にカッコいいです。

 

梅原さんの言葉から、人間は何からでも学ぶことができる生き物なんだなと改めて感じました。

好きなことに没頭していると、「そんなことは将来役に立たないからやめるべきだ」と言う人がいます。しかし、人間が学びを手にするときは、「何をするか」ではなく、「どれだけ真剣になるか」だと感じます。

 

本書を読んで、ますますその思いが強くなりました。

 

 

そのほかに読んでみたい本は?

 👇まさかのコミック版がありました。めちゃめちゃ読みたい。

 👇ブロガー・ちきりんさんとの共著。人生に焦点を当てた一冊。

悩みどころと逃げどころ(小学館新書)

悩みどころと逃げどころ(小学館新書)