ゴリラのほんだな

ウホウホ、ウホウホホ

ここはゴリラの書斎

【時限病棟】ノンストップ医療ミステリ第2作。スピードも驚きも前作越え!

 f:id:Kada:20180906193421j:image

Kadaです。先日は「仮面病棟」のご紹介をしました。

本日はその続編「時限病棟」をレビューします。

 

本屋で「仮面病棟」と「時限病棟」が並んで平積みされているのを見かけて、思わず2冊まとめて買い、その日のうちに2冊一気読みしました。

2冊続けて読むと、スピード感とドキドキ感が増しますね。所要時間は2時間弱。スリル満点の映画を見たような感覚です。

 

エンターテイメント性はそのままに、ミステリとして前作より面白い作品となっています。

 

※※ちょっぴりネタバレを含むので注意!※※

 

 

時限病棟 (実業之日本社文庫)

時限病棟 (実業之日本社文庫)

 

 ↑相変わらず表紙が秀逸。

 

1.時限病棟ってどんなお話?

 

イムリミットは6時間。脱出できるのか――
最速一気読み! 究極のどんでん返し!!


目覚めると、彼女は病院のベッドで点滴を受けていた。
なぜこんな場所にいるのか? 監禁された男女5人が、拉致された理由を探る……。
ピエロからのミッション、手術室の男、ふたつの死の謎、事件に迫る刑事。
イムリミットは6時間。謎の死の真相を掴み、廃病院から脱出できるのか!?

大ヒット作『仮面病棟』を凌ぐスリルとサスペンス。
圧倒的なスピード感。衝撃の結末とは――。
医療ミステリーの超傑作、文庫書き下ろし! 
累計60万部突破の「病棟シリーズ」最新刊。


作家であり、現役医師でもある知念実希人氏による医療ミステリ。『時限病棟』は前作『仮面病棟』から数年後の物語です。


舞台は前作『仮面病棟』と同じ、田所病院。この田所病院では無断で身寄りのない患者たちの腎臓を摘出し、腎臓に疾患を抱える富裕層の患者に移植するという、違法な手術が行われていました。

しかし、ピエロの仮面をかぶった男による立てこもり事件が発端となり、これらの行為が明るみに出ました。現在、田所病院は廃墟となっています。

 

主人公の倉田梓は、目覚めると田所病院のベッドの中にいました。ー何故自分は病院にいるのか?
不審に思いながらも病院を探索する梓。田所病院の中には、梓のほかに4人の男女が閉じ込められていました。


脱出するためには、「クラウン」が仕掛けた脱出ゲームをクリアする必要があるとのこと。1Fには時限爆弾が仕掛けられており、6時間以内にクリアできなければ死が待っています。

ゲームに挑む中で、集められた5人の共通点と、過去に起きたある事件の真相が解き明かされていく

というストーリーです。

 

 

2.この本のすごいところは?

 

前作を超えるスピード感と、意外な展開が読者の心を引き付けます。


一見すると共通点の無いように見える5人の男女。

しかし、クラウンのゲームを解き明かすうちに全員”ある人物”と関わっていることが分かります。

 

その関係性が明らかになってからの盛り上がりがスゴイ。
そこで5人が田所病院に集められた理由犯人の目的が明らかになり、さらに過去に起きた臓器移植事件が関わり、一気に物語のスピードが上がります。

そしてラストシーンでは、最後の最後に驚きの展開があります。
前作では結末をある程度予想して読み進めることができましたが、今作は予想ができませんでした。


前作のスピード感とスリルはそのままに、謎解きを進化させた一冊だと感じます。

 

 

3.仮面病棟から読むのがおすすめ


時限病棟のほうが展開が面白い。とお伝えしたものの、やはり一作目の「仮面病棟」から読むのがおすすめです。
前作を読まなければストーリーが分からないわけではないものの、前作の「臓器移植事件」に関わる内容が出てくるため、先に仮面病棟を読んだほうがストーリーを楽しめます。

 

特に、ある部分では前作を読んでいるがゆえにミスリードに引っかかる箇所があります。とある人物が病院の構造について発言するのですが、前作から続けて読んだ私はその発現をスルーしてしまいました。
それがきっかけで犯人が判明するとは・・・ヤラレタ(´・ω・`)

 

お勧めの読み方は、2冊買って一気読みです。映画を一本見たような気分で、ドキドキすること間違いなしです。

 

 

 

仮面病棟 (実業之日本社文庫)
 
時限病棟 (実業之日本社文庫)

時限病棟 (実業之日本社文庫)