ゴリラのほんだな

ウホウホ、ウホウホホ

ここはゴリラの書斎

【内向型を強みにする】 自分が積極的でないことを気に病む必要はない

f:id:Kada:20180813082945j:image

人と会うことが苦手、人前で話せない、人が大勢いる場所にいると疲れてしまう。そんなことはありませんか?

 

この社会では、活動的である事が尊ばれ、内省的であることが軽んじられることが多いです。内向的で引っ込み思案な人の中には、肩身の狭い思いをされている人もいることでしょう。

 

それでも、

内向的な人には外向的な人にはない素晴らしい特徴

があります。

 

外向的になれず、悩んでいる方にオススメの本を紹介します。

 

 

内向型を強みにする

内向型を強みにする

 

 ゴリウホ。ちょっぴりシャイで恥ずかしがりのゴリラだよ!

 

突然ですが、Amazonプライム会員は一部の本を無料でダウンロードして読むことができるってご存知でしたか?

今回は、その対象となっている心理学の本をご紹介します。自分の気質や性格に悩む方、ぜひ一度読んでいただきたいです。

 

 

1.どんな本?あらすじは?

つきあい下手、考えすぎ、疲れやすい――
内向的なあなたが長所をいかして堂々と楽しく生きるコツ

世の中の75%は楽天的で活発な「外向型人間」だという。
残りの25%の「内向型人間」といえば、大勢の人が苦手、外に出ると疲れやすく、考え過ぎるタイプで、とかく肩身が狭くて、「なんとか自分を変えようと思いがちだ。
「外向型」と「内向型」がじつは生来の脳の回路の違いによる気質タイプの違いであることをご存じだろうか。
エネルギーの取り組み方、刺激に対する反応、情報や経験に対するアプローチが最も大きなちがいだといわれる。
「外向型」は人と話したり外の活動からエネルギーを得、少しでも多く刺激を得たいと飛び回り、広く浅く経験を積み重ねていく。

一方「内向型」はエネルギーをアイデアや感情などなかの世界から得て、静かに自分と向き合うことで充電し、深く経験することを好む。
このちがいと自分の特性がわかれば、今までのように自分を責めたり、別の人間になろうと思うことなく、ありのままで生きられるだろう。
パートナーや子供、同僚とどうつきあえばうまくいくかという具体的なアドバイスも豊富なので、「内向型」の人がラクに楽しく生きることに大いに役立つはずだ。

amazon内容紹介より)

 

この世界には、75%の外向型人間と、25%の内向型人間が存在しています。

内向型であることは、時にコミュニケーション不全であるとみなされ、その人が持っている力を軽視されてしまうことがあります。

 

本書では、そんな「25%の内向型の人」に焦点を当て、

  1. 自分が内向型なのかどうか
  2. 内向的であることの長所や利点
  3. 自分の貴重な天性を伸ばすための方法

の3つを解説しています。

 

 

2.ほかの本と比べてどこがすごい?どこが面白い?

科学的で論理的なアプローチと、具体的なアドバイスが載っている点です。

 

心理学の主流・フロイト心理学では、外向的であることが”健全”な状態であるとされ、内向的であることは好ましくないと解釈されてきました。

 

しかしこの本では、内向型と外向型は「生まれ持った気質」であり、ひとつのエネルギーの連続体の両極であると定義されています。

 

内向型の人のもっとも顕著な特徴は、そのエネルギー源である。内向型の人は、アイデア、感情、印象といった自身のなかの世界 からエネルギーを得ている。(p20より)

 

内向型の人は、深さを好み、自らの経験を制限しようとするが、そのひとつひとつを深く感じている。彼らの多くは友達が少ないが、より親密なつきあいかたをする。また、テーマを深く探求することを好み、〝量〟より〝濃さ〟を求める。(p26より)

 

 

外向型の人のもっとも目立った特徴はなんだろう? それは、 外の世界、つまり、さまざまな活動や人や場所や物からエネルギーを得ている点だ。彼らはエネルギーの消費者なのである。長時間、のらくらしたり、自己反省したり、ひとりで、もしくは、ひとりの人を相手に過ごしたりすると、彼らは刺激不足におちいる。(p21より)

 

人が活動するためにはエネルギーが必要です。外向型と内向型は、そのエネルギーを蓄える方法が根本から異なっています。

 

タイプの異なる人間と一緒に過ごす必要があるとき、このエネルギーの蓄え方の違いによって、人間関係のトラブルが起こりがちです。

(例)外向型の彼女はおしゃべりがしたいのに、内向型の彼氏は静かに一人でゲームがしたい。

 

そのため、自分と相手が外向型と内向型のどちらであるかを見極め、互いの気質の違いを認め合うことが何より重要です。

 

本書では、外向型と内向型を見分けるチェックポイントや、それぞれの気質に応じてどういった活動をすればエネルギーを充電できるのかについて解説されています。

 

 

3.この本の1番の魅力的なポイントは?

内向型の人間の特性に光を当てた点 ではないでしょうか。

内向型の人間の中には、大きな功績を残した人々が沢山います。例えば

といった方々です。

 

内向型人間は自己中心的であるどころか、むしろその正反対であることが多い。内部の世界に集中して、自分が感じ、経験していることを深く考える能力は、外部の世界と他の人間を理解する助けとなる。自己中心的と見えるものが、実は、他人の身になって考えることを可能にする天分そのものなのである。

 

内向型人間の持つ、外向型にない特徴。それは、物事を深く考える探求力と、自分の興味に対する深い集中力です。

 

つまり、内向型の人間は無理やり外向型になる必要はなく、自分にあった環境で正しくエネルギーを補充できれば、自分の強みを活かして生きることが出来るのです。

 

 

4.筆者はどういう人?

筆者は、マーティ・O・レイニーさんです。

図書館の司書から心理療法士に転職した、内向型人間に関する研究における第一人者です。アメリカとカナダでワークショップや講演を行い、内向型人間が自分らしく生きる方法を伝える活動をしています。

 

彼女自身が内向型ということもあり、本書の語り口は優しく、内向型の人間にとって勇気づけられる内容となっています。

 

5.本からどういうことを学んだ?

 

  • 内向型と外向型はエネルギーの補充方法が異なる。
  • 内向型の人間が外向型に対して劣等感を感じることはない。日常生活をコントロールすることで強みを発揮できる。
  • ゴリラは完全な内向型。

外向型/内向型のチェックを行ったところ、私は完全な内向型タイプだと診断されました。(嘘じゃないウホ)

 

私も思春期の頃、他人と比べて積極的でないことに劣等感を持っていました。そのころにこの本を読むことが出来たら、自分を責めたりすることはなかったんじゃないかと思いました。

 

本書はアメリカで書かれています。外向型と内向型の比率が、日本ではどのように変わるのかが気になるところです。

 

ちなみに、この記事では触れませんでしたが、外向型・内向型を分ける要因には、気分を高揚させるホルモンドーパミンの感受性の違いがあるようです。初耳の内容で、非常に興味深いと感じました。

 

翻訳書特有の表現や、内容の繰り返しが多く、読みにくいと感じる部分もありました。

それでも、自分の性格や気質に悩む方にとっては非常に価値のある内容です。

 

 

6.似たような本や読みたいと思った本は? 

↓ 内向型人間の強み については、こちらの方が詳細に書かれていたかな?

内向型人間の時代 社会を変える静かな人の力

内向型人間の時代 社会を変える静かな人の力

 

 

↓人一番敏感で困っている人や、外向型社会で生きることに悩む方はこちらもどうぞ。HSPのことが良く分かります。 

鈍感な世界に生きる 敏感な人たち

鈍感な世界に生きる 敏感な人たち